株式会社庭樹園

企業理念

Corporate vision

緑ゆたかに 心ゆたかに

私たちは美しく豊かな
緑あふれる空間を創造し、
住まい・都市に潤いを与え、
人々のこころを豊かにします。

プロフェッショナルな集団づくり

自らのプロフェションに誇りを持ち、
技術やサービスを研鑽し、
お客様や社会に貢献します。

地球環境への貢献

里地・里山の保全や環境学習など
持続可能な社会への実現に貢献します。

「三方よし」の関係づくり

お客様の夢を実現するために、
社員そして取引先が共に研鑽し、
共に助け合い、
共に働く喜びを感じる会社となります。

豊かな人間性の集団づくり

常識や社会のルールをしっかり心得、
人間的に成長し、
他人の幸福に役立つことを喜びとする
集団をつくります。

社長挨拶

Message

代表取締役 當内 匡

お客様に喜んでいただける
良質なサービスを

わが社は創業より140年経過し、私で5代目の代表となります。
創業時は信貴山朝護孫子寺の御用庭師として出発し、その後信仰者の信頼を得て、多くの仕事を任されるようになり成長しました。戦後は公園や緑地の必要性が急速に高まり、公共の仕事も多くなる中、先代は業界の中心的な役割を担わせていただきました。また多様化するニーズにこたえ、屋上や壁面の緑化や樹木の診断治療、自然再生や環境学習にも積極的に取り組んでまいりました。

現在の業界は長く続いた景気の低迷に伴った低価格競争により、仕事の質が低くなっている傾向があり、粗雑な設計や施工、維持管理が行われ、資産価値を下げたりするようなことが多く起こっています。わが社はプロとしての技術や提案にこだわり、お客様に喜んでいただける良質なサービスを適正な価格で提供していきたいと考えております。

わが社の理念は“緑ゆたかに 心ゆたかに”です。緑ゆたかな環境が人の心を豊かにしてくれます。落ち葉や虫の発生などにより、緑が敬遠される傾向もありますが、緑の大切さや緑があることの安らぎをより多くの人に伝え、緑豊かな社会や住まいづくりに取り組んでまいります。

株式会社 庭樹園

代表取締役 當内 匡
(とううち ただし)

代表者経歴

1985年(昭和60年)
大阪府立高津高等学校卒業
1990年(平成2年)
千葉大学園芸学部環境緑地学科卒業
1990年(平成2年)
株式会社荒木造園設計にて
現代日本庭園作家荒木芳邦氏に師事
1994年(平成6年)
アメリカルイジアナ州立大学にて
ランドスケープを学び修士課程修了
1998年(平成10年)
株式会社庭樹園入社
2003年(平成15年)
株式会社グリーンプラザ代表取締役に就任
2010年(平成22年)
株式会社庭樹園代表取締役に就任

主な役職

日本造園建設業協会
(一社)
国際委員会委員
地域リーダーズ総代表
幹事・技術委員長
日本造園学会関西支部
運営委員
阪神造園建設業協同組合
理事
NPO法人おおさか緑と
樹木の診断協会
理事
街路樹診断協会
(一社)
関西支部副支部長
全国一級造園施工
管理士の会
地域活性化幹事
造園技能検定
審査員
みどりのまちづくり賞
(大阪ランドケープ賞)
審査員